FC2ブログ

愛する地元・藤枝のため、まっすぐ全力!!

藤枝市議会議員・鈴木たけゆきのページです。

藤枝市議会 活動報告 新春号 前編

 新年も間もなく1か月を過ぎようとしています。昨年4月の市議会議員選挙では、皆様の篤いご支援を賜り、2期目の当選を果たさせていただきました。私、鈴木たけゆきは、皆様のご厚情にあらためて感謝し、本年も皆様のご指導のもと、全力で頑張ってまいります。なにとぞ、今後もご指導の程、よろしくお願いいたします。
また、今年は、焼津市議選、統一地方選挙、参議院議員選挙が行われる、選挙の年となります。焼津市議選は、無投票となり、少し物足りなさを感じた方もいると思いますが、市議としては、多くの市民の方に興味を持って頂けるように全力で活動していくしかないと感じております。4月の県議選では、私は、同志である佐野愛子県議を全力で応援しています。皆様にも、ぜひご支援いただけますよう、お願い申し上げます。
 さて藤枝市議会では、昨年11月26日から12月21日まで、議会定例会が開催されました。以下に、一般質問のご報告をいたします。
●一般質問報告(質問日:12月6日)●
★標題1.赤ちゃんポストについて★

 「赤ちゃんポスト」とは、生活苦や家庭の事情などにより、子どもを養育できなくなった親が、その子どもを託す場所の事です。その特徴は、親が身分を明かしたくない場合には、匿名であっても子どもを受け入れる、という事です。2000年にドイツで生まれ、その後世界中に広まりました。日本国内では、2007年に熊本県熊本市の慈恵病院に「こうのとりのゆりかご」という名称で設置されました。現在、国内で稼働している「赤ちゃんポスト」は、ここ1カ所のみとなっています。
私の所属する会派「市民クラブ」の3名の議員で、11月に、この熊本市の「こうのとりのゆりかご」に視察に行ってまいりました。そこでは、理事長先生が自ら丁寧に説明をして下さり、子どもの命を守るためには「赤ちゃんポスト」は絶対に必要である事、世界中の先進国の中で、日本が一番設置数が少ない事などを詳細なデータと共に教えていただきました。
この「赤ちゃんポスト」が、藤枝市でも設置できないか、質問を致しました。
答弁では、「赤ちゃんポスト」には、『最悪の状況になる前に子どもの命を救う』という面と『子捨てを認めることになる』という面の賛否両論があるため、ポストの設置はせず、妊婦や育児中の親への支援を充実させていくとのことでした。具体には、『特定妊婦』(※精神や経済面に不安を抱える妊婦で行政の支援を重点的に行うべき方の事です)への支援や産後支援のさらなる充実を行い、それでも養育困難となる場合には、児童相談所と連携して乳児院への一時保護や入所措置等を適切に行う、とのことです。
「赤ちゃんポスト」の設置は簡単なものではなく、今回の一般質問をしたからと言って、すぐに設置できるとは思っていませんが、多くの方に、この「赤ちゃんポスト」という施設があるという事を知っていただきたいと思い、テーマに取り上げました。
子どもの養育が困難だけど、行政にも、誰にも相談できずに困っている方がいるのも事実であり、全国から熊本の「こうのとりのゆりかご」のフリーダイヤルとメールに相談が年間数千件も寄せられています。ですから我々の周りにもきっと悩んでいる方がいるはずです。そのような方の最後の砦となる『赤ちゃんポスト』はやはり必要であると考えます。今は日本で1カ所しかありませんが、もう少し数をふやすべきではないでしょうか。皆様はどう思いますか?

後編に続きます...
スポンサーサイト



藤枝市議会 活動報告 春号 後編

★標題2.認知症の方とそのご家族への対応について★
 社会の高齢化により、認知症の方は増加し続けており、NHKでは、軽度認知障害の方を合わせると、2025年にはその数およそ1300万人になると予想しています。 ただ、認知機能は、軽度の段階で早期に対応すれば、回復する可能性もある為、藤枝市では、認知機能に問題がある方を早期に発見・治療する体制が、どのように取られているかを問いました。
 市では、早期発見・早期診断のツールである「物忘れ相談シート」を普及させ、相談や受診につなげており、「認知症支えあいコールセンター」の設置などで適切な支援をする施策を展開中であり、また、「認知症初期集中支援センター」を7カ所の安心すこやかセンターに設置し、8人の医師の協力を得て、深刻化の防止につなげているとのことです。
 次に、「認知症カフェ」について問いました。「認知症カフェ」とは、認知症の方やそのご家族が集い、互いの状況を相談しあったり、地域の方と交流したり、雑談したりする場所の事です。この「認知症カフェ」の設置運営をどのように支援していくかを尋ねました。
 答弁によると、「認知症カフェ」は現在、市内に1カ所あり、それ以外にも、高齢者サロンなどを地域の特色に合わせて設置しており、これらの居場所は、地域の方と認知症の方がつながる重要な場であるので、今後も設置のための助言や補助制度の利用促進を通じて、更なる充実につとめていく、とのことです。
 これらの施設の充実により、認知症の方とそのご家族が、孤立化する事を防ぎ、住み慣れた地域でずっと暮らし続けていく事ができます。非常に重要な事ですので、この件も今後の充実度合いを注視していかねばならないと感じています。

●今後の予定● 藤枝市議会議員選挙 4月15日告示 4月22日投開票
 いよいよ、4月には藤枝市議会選挙が行われます。私、
 鈴木たけゆきも、2期目の挑戦をいたします。議会公務などが続いて、だいぶ出遅れてしまっているため、これから全力で活動してまいります。どうか引き続きのご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。まっすぐ全力で頑張ります!!

藤枝市議会 活動報告 新春号 後編

★標題2.ニュースポーツの普及・推進について★
 ニュースポーツとは、軽スポーツともいわれるもので、競い合うことよりも、レクリエーションの要素で、体を動かし楽しむことを主としたスポーツのことです。藤枝市では、各自治会から推薦され任命されたスポーツ推進員の皆さまが、フレッシュテニスやファミリーバドミントン、ワンバウンドふらばーるなどの種目の普及にご尽力をいただいております。これらのニュースポーツは簡単で体への負担が少なく、健康増進にも大いに役立つものでありますので、今後の参加要請や用具支給等の支援をどのように行うかを尋ねました。
 市では、市民の誰もが「いつでもどこでもいつまでも」スポーツに親しむことができるよう推進を行っていく考えがあり、今後もスポーツ推進員の皆様による教室、大会の開催や、スポーツ健康フェスタ等のイベント、体験会で普及に努めていくとのことです。また、用具の支援に関しては、まず各施設での貸し出し用具の充実を図り、その上で現在自治会等に交付しているスポーツ振興交付金の活用方法についてもうまく利用できるよう検討をしていく、とのことです。
 皆様の地元でも、これらのニュースポーツが行われていると思います。今後ますます利用しやすくなるようです。簡単で健康にもいいですから、一度参加してみてはいかがですか? 私もファミリーバドミントンにはよく参加しています。とてもヘタですが・・・(笑)

 いよいよ、市議会議員の任期も満了に近づき、4月には選挙が行われます。
私、鈴木たけゆきは、4年前に皆様のご支援をいただき当選してからこれまで、精いっぱい仕事に取り組んでまいりましたが、今一度、地域の為に献身をいたしたく、2期目の出馬を決意いたしました。大変厳しいものになるとは思いますが、全力で挑んでまいります。なにとぞ引き続きのご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。頑張ります!!

藤枝市議会11月定例会 開会中です。

藤枝市議会11月定例会は、22日に開会し、12月19日まで行われます。

今回の一般質問は、17人の議員が提出しており、12月2日、5日、6日の3日間に渡って行われます。
私の登壇予定日は、
12月5日 9時50分ごろの予定です。

今回の一般質問の内容は、
①『子どもの体力向上とスポーツ推進について』
②『UIJターンや若者の地元定着の促進について』です。

子どもの体力は全国的に、ここ数十年かけて、徐々に低下傾向であると、言われております。市として、その問題にどう対応していくのかを問います。
また、UIJターンについては、将来の人口に大きな影響を及ぼすものであり、さらに他の市町村との競合にもなることでもあり、とても重要な課題と言えます。しっかり準備して本会議に臨みたいと思います。

お時間が合う方は、議会傍聴にお越しになってみて下さい。市役所5階本会議場です。
どなたでも、予約なしで傍聴することができます。

※市のホームページで、生中継もされています。こちらもどうぞご覧ください。
ネット中継はコチラ→ http://fujieda.gijiroku.com/

3月30日に、後援会総決起集会を開催しました!!

皆さん、こんにちは!!

3月30日に、後援会総決起集会を開催いたしました。

お忙しい中、細野豪志さん榛葉賀津也さんのお二人の国会議員が応援弁士で駆けつけてくださいました。

01 IMG_7457
02 IMG_7497

津川しょうごさんにもご来場いただきました。04 IMG_7426

応援してくださる方々にお応えするために、私はこれからも『まっすぐ全力』で、頑張ってまいります!!!