FC2ブログ

愛する地元・藤枝のため、まっすぐ全力!!

藤枝市議会議員・鈴木たけゆきのページです。

議会報告です!

 皆さんこんにちは。私はこの数週間ほど、統一地方選挙の応援で、県内色々なところに行っておりました。
選挙を終えて感じる事は、投票率の低下が止まらないこの現状をなんとかしなければならない、という思いです。
まず政治家が日々の努力を重ねていくことと、PRを続けていくことしかないのだと思います・・・

 さて、大変遅くなってしまいましたが、藤枝市議会2月定例会の報告をさせて頂きます。

 前回このページで申し上げた通り、『地域おこし協力隊』の予算も可決承認されましたので、本年度からこの制度によって、都会からの移住者に、市の臨時職員として、地域活動を行っていただくことになります。大変楽しみです。皆様もぜひ注目してください。

 私の一般質問は、
  ①静岡県と藤枝市の合計特殊出生率の数値について
  ②終戦70周年を迎える本年度以降の藤枝市における非核平和への取組みについて

という2点について行いました。

 1点目の合計特殊出生率については、藤枝市は県平均の『1.53』よりもさらに低い『1.47』です。この数値を上げるため、出産時の負担軽減や、子育て支援策の充実などについての質問をいたしました。実は藤枝市は、不妊治療費助成額や子ども医療費助成額は、近隣の市町よりも低く抑えられえています。私はせめて近隣市町と同額程度まで増額すべきと考えておりますが、予算の問題でもあり、いきなり行う事は難しそうです。この問題は人口問題にも直結する非常に重要なテーマですから、今後も引き続き、調査研究をしていきます。

 2点目の非核平和への取り組みについてです。27年度は終戦70周年の記念の年でもあり、様々な式典が行われると思います。さらに29年度には、藤枝市が行った『非核平和都市宣言』30周年を迎えます。戦争の記憶の風化が懸念されている現在では、地方自治体の平和に対する取り組みが、今後の非核平和へのカギを握ると私は考えます。
 藤枝市は、『非核平和宣言都市』でありますが、その事を知らない市民の方が多いのではと感じます。ですから、戦争を知らない若い世代へ、戦争の悲惨さを語り継ぐ事、核兵器の恐ろしさを再認識し忘れない事、等を様々な施策を通して行って頂きたいと申し上げました。
 また、藤枝総合運動公園には、被ばく2世のクスノキとアオギリが植えられた、「非核平和ゾーン」という場所がありますから、8月の下旬に行われる、「全国PK選手権」を平和を祈念した大会にして、広島市と長崎市から選手団を招待してはどうか、という提案も行いました。

 詳細は、議会のホームページ中継↓
http://fujieda.gijiroku.com/g07_Video_View.asp?SrchID=308

にてご覧いただけますが、この2項目は『地域おこし協力隊』のようにすぐに目に見えるようにできる内容ではありませんので、今後も長い目で見ていく必要があると考えています。
 未来の為によりよい世界を残していく事が、大人の世代の責任であることを忘れず、これからも活動してまいります。

スポンサーサイト