FC2ブログ

愛する地元・藤枝のため、まっすぐ全力!!

藤枝市議会議員・鈴木たけゆきのページです。

藤枝市議会 活動報告 2020新春号 前編

 令和最初の新年が、輝かしく幕をあけ、早くも1カ月が経とうとしています。今年も穏やかな年越しとなりましたね。私、鈴木たけゆきは、皆様のご支援に感謝しながら、本年もふるさと藤枝の為に、全力で頑張ってまいります。なにとぞ、今後も厳しく暖かいご指導をいただけますよう、よろしくお願いいたします。
 本年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。聖火ランナーも藤枝市内を走る予定で大変楽しみです。私も今年は、体を鍛え直すために、藤枝マラソンと焼津マラソンに出走する予定です。体が資本ですから、健康に留意し完走目指して頑張ります。
 さて藤枝市議会では、昨年11月25日から12月19日まで、議会定例会が開催されました。以下に、一般質問のご報告をいたします。
●一般質問報告(質問日:12月5日)●
★標題1.無電柱化の推進について★

 電気は我々の生活に欠かすことの出来ないライフラインですが、その電気を運ぶ電柱は、災害に弱く、昨年の台風15号では、1990本の電柱が倒壊して93万戸が、台風19号では1240本が倒壊して52万戸が停電しました。また、電柱は交通の妨げになったり、景観を損ねるなどの問題点もある為、電線を地中に埋設する『無電柱化』の機運が高まっています。海外では、パリやロンドンはすでに100%の道路で無電柱化がなされていますが、国内では、一番進んでいる東京23区でも、道路総距離に対しての無電柱化率は、まだ7%です。そこで、藤枝市内の無電柱化率と、今後の計画について、質問いたしました。
 答弁によると、藤枝市内の無電柱化率は、0.04%で、岡部役場と藤枝駅北口近辺でのみ行われている、今後は駅南口周辺の道路で760ⅿの区間で予定しており、その区間が完成すれば、0.1%ほどになる、とのことです。
 あまりに整備率が低いと感じますが、無電柱化は、費用が多額にかかるものであり、整備が進まないようです。しかし、国が、無電柱化工事の低コスト化実証の試験施工を行っているため、その結果により、低コスト工事が可能になれば、さらに進む可能性もあるとのことです。まだしばらくは、電柱に頼るしかない現実もありますが、災害時に緊急輸送道路となる場所には、新規の電柱設置を禁止するなどの措置も進んでおり、その範囲を広げていく事によって、結果的に無電柱化への切り替えを進めていく事につながります。
 コストはかかってしまう物ですが、災害時のライフラインを守る為にも、無電柱化推進の声を、今後も、あげ続けていきたいと考えます。

後編につづく・・・
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suzukitakeyuki.blog.fc2.com/tb.php/35-96ee634a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)